■プロフィール

のほほんマスター

Author:のほほんマスター
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
ニシキギ
H271013錦木


続きを読む >>
スポンサーサイト
身近な植物 | 00:38:50 | Trackback(0) | Comments(0)
白いアヤメ・・・
H260529アヤメ(白)
定番の紫色のアヤメもいいですが、白いアヤメもこの日射しの中では清純で涼しげ、いいですね。
でも白いアヤメ、従前の紫色のアヤメの中で咲いているから、より引き立っているのかもしれません。
(私もこうありたいですね、清純ではないとはいえ・・・・)

身近な植物 | 15:58:20 | Trackback(0) | Comments(0)
アヤメ
H260528アヤメ
ラジオでは夏日が・・・と云っていてもこれまではそんな暑さを感じなかったのですが、今日は標高650mの眞原でも日射しの中では初夏を感じてしまいます。
この日射しの中、お隣のTさんとの境界近くで咲いているアヤメが鮮やかです。
このアヤメ、春先に鹿に食べられてなくなってしまいそうでしたが、大雪で壊れた鹿よけフェンスを慌てて補修したお陰でしょうか、何とか花を咲かせることができました。  鹿さんもアヤメが好きなようで困ったもんです、怠けている暇をくれません。

身近な植物 | 00:53:35 | Trackback(0) | Comments(0)
盆栽育ちのニレケヤキ・・・・
H240604ニレケヤキ
今年造ったベランダの前のニレケヤキの木今年でやっと3~4m程になりました。
実はこのニレケヤキ、我が家を建築中に横浜からここ武川に来る途中の相模湖の植木屋さんで盆栽として売られていたものです。その時10cm程だった木が(大地に植えたら)ここまで大きくなりました。
”もっと大きくなってベランダ前に涼やかな木陰を造ってね” と毎日水をあげていますが、よく考えるとその時まで私は長生き出来るのでしょうか?? ちょっと無理かな。

身近な植物 | 16:37:08 | Trackback(0) | Comments(0)
神代桜が開花しました!
今年は本当に寒い冬でした。 と云うことでしょう、眞原桜は例年になく開花が遅れていて、一体何時になったら咲くんだい??と云うのが、正直な気分です。
眞原から徒歩で20分のところにある実相寺の神代桜が本日開花したとのこと・・・。 
例年では眞原の桜は神代桜より一週間程度遅れての開花なので、眞原桜の開花はやはり4月中旬頃かな??と思っています。
H240409神代桜
(神代桜は、歴史的価値があって全国的に有名な桜なのに、眞原桜開花の予想木のように扱って、どうもすみません。)

身近な植物 | 22:51:03 | Trackback(0) | Comments(0)
桜・・・何時咲く??
H240404.jpg  4月、桜の季節となりましたが、眞原の桜の開花は何時?何時?かな??と上を見上げる日が続いています。
 甲府の桜は4/1に開花しました。
今までの例ですと眞原は甲府よりも2週間ほど開花が遅れる例が多いので、開花は4月の中旬かな???と思っています。  この開花予想、当たるかどうかちょっとドキドキします。


(蕾は膨らんでいますが、まだ色付いていませんものね・・・)


身近な植物 | 22:23:56 | Trackback(0) | Comments(0)
梅の蕾は膨らんでいます
カフェ東側の庭にある梅の木をよく見ると蕾が膨らみ、まだ寒い今ですが、間近の春を感じさせてくれます。
この膨らんだ蕾を見ると ”早く咲け、春よ来い”と灰をまきたい気がします。
歳なんでしょうね、花咲じいさんの民話を造った人々の気持ちがよく分かるこの頃です・・・・。
H240312梅


身近な植物 | 00:11:37 | Trackback(0) | Comments(0)
雪柳の花・・・
H231209雪柳
この時期、前回記載したHさんちの冬桜以外には、と思って庭を見渡したら小さな花が咲いていました。 雪柳です。
数本の枝に花が付いていましたが、これは狂い咲きなんでしょうか?冬景色の中で花を見つけると、何か徳をしたような気になってしまいます。

身近な植物 | 00:00:42 | Trackback(0) | Comments(0)
リンドウの花
H231002リンドウ
 カフェの前庭でリンドウの花がさきました。
去年は勢いよく育って、”良し!良し!” と期待していたら、どういう訳かほとんどが立ち枯れてしまい、結局花は数輪しか咲かなかったのですが、今年は既に数輪が咲き始め、周りのリンドウも蕾を膨らませているので、今年こそ濃い紫の花を充分楽しめそうです。
 
 このリンドウ、植えた覚えのない庭の一部に数本咲き始めたのが増えたものです。 多分鉢からこぼれた種が数年で仲間を増やしたようで、草刈り機での草刈りを控えてこの数部分をリンドウ畑にしようとしています。
でも、草刈り機を使わないで数坪の部分を綺麗にしておくのはなかなか大変。 草刈り機の威力を感じます。


身近な植物 | 18:21:03 | Trackback(0) | Comments(0)
アサガオ
H231001アサガオ
アサガオが咲きました。
このアサガオ、夏前にお客さんのHさんが”お楽しみ下さい!”と持ってきてくれたものです。
7~8月にいっぱい花を咲かせて我々を楽しませてくれ、8月末には枯れ始めたので、もう時期が終わったかな・・・と思っていたら、最近再び数輪の花を咲かせました。
枯れ草に花が咲いているようで、すごい生命力!と感心させてくれました。
??ソーカこんなことがあるんだ・・・、私ももしかしたらこれから花を咲かせることができるかも・・・、と思ったのもつかの間、すぐに現実に引き戻されました・・・・。

身近な植物 | 12:32:46 | Trackback(0) | Comments(0)
もうすぐお彼岸です・・・・
H2309116彼岸花
2~3日前から、かたかご玄関前庭でにょきにょきと茎が伸びてきました。
そーなんです、曼珠沙華、彼岸花です。 この急に伸びてきた茎を見て、気が付きました、”もうすぐ彼岸なんだ・・・・・”と。
カレンダーを見ると確かに今日はお彼岸の一週間前でした。

身近な植物 | 10:32:23 | Trackback(0) | Comments(0)
擬宝珠
H230825擬宝珠  台風12号、まだまだ遠くに有るというのに、ここ眞原でも昨夜から、強い雨が時折降る不安定な天気・・・。
この雨の中、擬宝珠が紫の花を咲かせています。
実は擬宝珠はかたかご庭にの庭に数多く植わっているのですが、この草、種類もいろいろありますね。
初夏に白い花を咲かせる種類が多いのですが、この擬宝珠はもう夏も終わりそう、というこの時期にちょっと紫がかった爽やかな花を咲かせます。
擬宝珠にしては葉が小さいのですが、生命力は強いようで、植えた覚えのない歩き道の雑草の中に、ひょいとこの花を咲かせ、草刈り時に私を迷わせています。

それにしてもこの台風早く行ってしまわないかな~。 この雨では草刈りもできません。

身近な植物 | 00:15:41 | Trackback(0) | Comments(0)
桔梗・・・
桔梗が咲きました。
H230718桔梗
落ち着いた濃い紫で、この花も涼しさを感じさせてくれますね。

色彩は落ち着いているのですが、形はちょっとファンキー・・・、幼稚園の年長さんが色紙から切り抜いたような形をしています。  そもそも桔梗の蕾はこの花弁をそのまま折り曲げて包みにしたような形をしているのですら・・・。風呂敷細工みたいで、とても判りやすい花です。

身近な植物 | 15:27:23 | Trackback(0) | Comments(0)
アジサイ
  今年は5月から始まった雨の季節が本当に長く続いていますね。
横浜にいたときは、梅雨は蒸し暑くて余り好きではありませんでしたが、武川に住む様になってからは、ネクタイをしなくて済む様になったせいでしょうか、梅雨もそんなに悪い物では無いね・・・と思うようになりました。
もしかしたらこの季節、アジサイに代表されるように、水気をいっぱいに含んだ草木が生き生きとしているせいかもしれません。
H230628アジサイ
(かたかご文字色、桜並木側で咲き誇っている、ガクアジサイです。)

身近な植物 | 00:32:11 | Trackback(0) | Comments(0)
白いアヤメもいい ですね
H230605アヤメ(白)
アヤメは”紫”というイメージがありますが、白いアヤメも清々しくて、いいものです。

身近な植物 | 22:50:27 | Trackback(0) | Comments(0)
雨の季節に似合う花、 アヤメ・・・
H230605アヤメ(紫)  五月のうちに梅雨入りしたとのことですね。 
”もう梅雨なの!!”と思ったのですが、庭を見たら、南側の斜面に土留めも兼ねて植えた、アヤメが咲き誇っていました。
この雨に似合う花、アヤメが咲き誇っているのですから、もう梅雨入りしてもおかしくはないのかもしれませんね・・・。


身近な植物 | 14:48:41 | Trackback(0) | Comments(0)
シャクナゲ

H230508シャクナゲ
かたかご東側のメタセコイアの下に植えたシャクナゲが、今年も純白の清々しい花を咲かせています。
 また数年の若木ですし、昨年の秋に植え替えをしたので、今年は無理かな・・・と思っていたら
ごらんのように、立派な花を多く咲かせました。
幹の太さに比べて、余りにも、大きな花、を数多く咲かせたので、来年大丈夫かな・・と心配になる程です。

このように立派な花を咲かせたのですが、カフェからはちょっと見にくい東側なので、気が付かれない方もいるのが、ちょっともったいないけどシャクナゲは暑さに弱いので、しょうがないか・・・。

身近な植物 | 17:00:34 | Trackback(0) | Comments(0)
春の花(続きの続きの続き)
H230503山しゃく山しゃくの花が、桜並木の木の下で木漏れ日を受けながらさわやかに咲きました。  この花、この時期にさわやかに咲き、ほんの1~2日で花びらを落としてしまいますので、ほの暗い木陰でポっ咲く、と云う感じです。ここ2、3年この時期に咲いてくれますが、毎年一本だけで、何時になったら増えてくれるのかな~??とついつい思ってしまいます。
 花の命が短く、なかなか増えない山しゃくの花は美人薄命という言葉を思い出させます。(最近55才の若さで亡くなった美人の事を思いだしてしまいます・・・・。)




身近な植物 | 19:04:13 | Trackback(0) | Comments(0)
春の花(続きの続き) イカリソウ

H230429イカリソウ
かたかごの駐車場から玄関までのアプローチには、イカリソウが咲いています。 
本当に船の錨の様な形をしていますね。 
(決して怒っているようではありません。)← 単なる親父ギャグ

身近な植物 | 00:30:48 | Trackback(0) | Comments(0)
レンギョウ
この時期、春の到来を喜んででしょうか、色々な花が咲き始めますよね。
H230427 れんぎょ

H230427 れんぎょう 2
先日までは桜花の引き立て役のレンギョウでしたが、桜が散った後は、”俺が主役!!”と云わんばかりに桜の木の下でレンギョウの黄色い花が咲き誇っています・



身近な植物 | 15:57:47 | Trackback(0) | Comments(0)
本日開花しました!
お待たせしましたが、眞原桜、本日開花しました。

H230411 開花
今朝はまだ数輪しか開いていませんが、ほかの蕾も今にも開きそうな気配、直ぐに見頃となりそうです。

身近な植物 | 10:23:03 | Trackback(0) | Comments(0)
メタセコイアの絨毯・・・
H221202.jpg
一週間程前には鮮やかに紅葉していた、メタセコイアもとうとう落葉、この大木の下の地面はメタセコイアの落葉でふわふわと厚い絨毯い覆われたよう。
これでかたかごの落葉樹は全て葉を落とし、庭はとても明るくなった上に、風はなく、例年になく暖かな日が続いているので、庭にいるととても穏やかで、良い気持ち。
拍子抜けする程暖かい小春日和とはいえ、木は全て葉を落としているので、季節は間違いなく冬なんでしょうね。もうそろそろ、タイヤを交換しなくっちゃと思っているのですが、こんなに暖かいとついつい油断をしてしまって・・・。

身近な植物 | 23:45:16 | Trackback(0) | Comments(0)
ショウマ

H221001しょうま
例年に比べると晩夏を思わせる暖かい日が続いているので、まだ秋の実感は少ないのですが、明らかに季節は移り変わっているよう、秋の花、ショウマが桜の木の下で、咲いています。
この花、綺麗ですが、細かい花びらでちょっと目にはそんなに美味しくは無さそう、と思っていましたが、盛んに蜂が群がっていました。  意外と蜜を多く含んでいるのかもしれませんね。 人間(私)の感性はいい加減なものです。


身近な植物 | 23:57:00 | Trackback(0) | Comments(0)
名もなき・・・
H220920雑草
  かたかごの庭、草ボーボーにしてはいけないと、時折草刈り機で雑草を刈って居るのですが、時には苅るのが申し訳なくなるような草があります。  無論植えたものではないので、雑草と云っていいんでしょうが、こんな時には、思わずゴメンね、と心の中で云ってしまいます。
名もなき花なんですが、本当は名前があるんでしょうね、私が知らないだけで・・・・。

身近な植物 | 20:28:42 | Trackback(0) | Comments(2)
秋の味覚・・・渋皮煮
栗の写真だけの紹介とは手落でした。 秋の定番料理、渋皮煮です。
大きくて味がよく、金賞も頂いたことのある、白砂農園さんの栗と香り付けに使っているブランディーのお陰もあり、なかなか佳い味です。   (いえいえ、女房の調理が、上手いんでした・・・。)

H221001渋皮煮


身近な植物 | 22:28:34 | Trackback(0) | Comments(0)
次のページ

FC2Ad