■プロフィール

のほほんマスター

Author:のほほんマスター
FC2ブログへようこそ!

■最近の記事
■最近のコメント
■最近のトラックバック
■月別アーカイブ

■カテゴリー
■FC2カウンター
■ブロとも申請フォーム
■ブログ内検索

■RSSフィード
■リンク
白い秋明菊
H220920秋明菊白)
そう、そう、かたかごには白い秋明菊もありました。
同じ花でも、色が違うと全く異なる印象ですね。
 私はどちらかと云えばこの白い秋明菊が清楚な感じで好きですが、自分が持っていないものを、無い物ねだりしているのかな・・・?
この品種は少し弱いのでしょうか、水やりや施肥に留意しているのですが、標高700mのここ眞原では枯れたりしてなかなか増えてくれません。 やはり上品でか細いのかもしれません。

スポンサーサイト
身近な植物 | 23:49:08 | Trackback(0) | Comments(0)
秋明菊
H220920秋明菊
つい数日前まで暑い、暑いと思っていたら、急に10℃以上も気温が下がって、これまでの暦だけのが、やっと庭の秋明菊がお似合いの本格的な秋になりました。
でもこれだけ気温が変化すると体もビックリ、慌てて長袖やセーターをを引っ張り出しました。
ちょっと着すぎかもしれません・・・。

 



身近な植物 | 22:04:44 | Trackback(0) | Comments(0)
彼岸花
H220923 彼岸花(白)1
  つい数日前まで何もなかった地面からにょきにょきとなにやら茎が出てきたかと思ったら、曼珠沙華の花が・・・・。  この時期にしっかりと咲くとは、やはり彼岸花ですね。
  この彼岸花、ちょっと珍しく白色です。 彼岸花らしくないな~、と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、白い彼岸花も見慣れるとなかなか佳いですよ。

H220923 彼岸花(白)










彼岸花って、これから葉っぱを出して、弱い日光の元で一生懸命光合成をするんですから変な花です。
夏に葉っぱを出せばいいのにと余計なお節介をしたくなります。(余計なお世話!!と言われそう・・・)

身近な植物 | 23:12:14 | Trackback(0) | Comments(0)
やっと秋景色になりました・・・
清々しい朝です。 長い夏でしたが、ここ眞原もやっと”本格的”な秋になった様・・・。
南アルプスも、空気が澄んで、秋のすっきりした姿を見せています。
H220918アルプス
でも日中の日射しは結構強いんですよね。 下界はまだまだ暑そうです・・・・。

未分類 | 17:09:27 | Trackback(0) | Comments(0)
今年もオープンアトリエです・・・
H220916オープンアトリエ
こんどの連休(9/18~9/20月)には毎年恒例のオープンアトリエが開かれます。
この催しは八ヶ岳及び南アルプス山麓のクラフト作家さんがそれぞれの工房を解放して、皆さんのお出でをお持ちするという催しです。  
ということでこの三日間、秋の里山を楽しみながらいつもは入ることのできない作家さん達の仕事場を巡って、作家さん達との会話や作品をお楽しみ下さい!!

工房巡りでちょと疲れたらかたかごで是非一休み下さい。 お待ちしています。
(商売気を出してスミマセン・・・・・・・)

出来事 | 23:20:32 | Trackback(0) | Comments(4)
雨が秋を連れてきました・・・・
昨日からの雨が続き、センダンの葉も雨に濡れ、緑がとても鮮やかです。
この雨久しぶりの雨です。  (私のいい加減な記憶では)この暑い夏に一ヶ月以上本格的な雨がなく、草木も本当に疲れているみたいだったのでこの雨、本当に天からの恵みですね。  
この雨は、暑い夏に心から待ち憧れていた秋も連れてきてくれたのですが、ちょっと涼しすぎ・・・、今長袖を着ています。
H220916 雨のセンダン


未分類 | 10:43:14 | Trackback(0) | Comments(0)
サルスベリ(白)
8/2にサルスベリの記事を載せましたが、かたかごにはもう一本サルスベリの木が有ります。
この木、数年前に一度だけ白い花を咲かせたことが有りましたが、ここ数年、花を咲かせることが有りませんでした。  一昨年カイガラムシが発生していることに気が付き、それ以来気が付くと歯ブラシでごしごしとやっていた効果が出てきたのでしょうか、数日前に数輪の花が咲いていることに気が付きました。
サルスベリは赤やピンクが主流ですが、白いサルスベリの花もまたこれで良いものですね。 

H220909 サルスベリ(白)


身近な植物 | 22:25:44 | Trackback(0) | Comments(0)
頭を垂れています・・・。
ちょっと見ぬ間に田圃も黄金色の絨毯を敷き詰めたよう、稲穂も文字通り首をたれていました。
この黄金色を見るとまだまだ暑いとは云え、秋の到来を感じます。
H220901 稲

今年のこの暑い夏も水を張った水田の稲には余り悪影響は無かったようですが・・・。

未分類 | 23:48:00 | Trackback(0) | Comments(0)
小さな秋・・・ススキ
H220828ススキ
眞原も日本、各地の猛暑に倣って、まだ”まだ夏か!”と思わせ日中の暑さが続いていますが、さすが九月、夕方になると吹く風の爽やかさに近づいてくる秋を感じます。
かたかごの庭にアクセントを付けている矢羽根ススキもやはり秋を感じたのでしょうか、穂を出し始めました。
こんな景色を眺めると、暑いと思いながらも秋を感じます。


庭の草木 | 23:26:08 | Trackback(0) | Comments(0)

FC2Ad